管理栄養士による食中毒予防講座 ~松園ハイツ)

6月25日(火曜日)

今年も、食中毒予防の勉強会を行いました。

講師は、栄養課の管理栄養課長。

食中毒予防の基本は、「増やさない」「つけない」「やっつける」ことです。

梅雨の時期から夏にかけて、細菌による食中毒が発生しやすくなります。

重症化するケースが多いです。抵抗力の弱い方は気をつけていきましょう。

食中毒予防クイズをしますよ。

問題です。食あたりと食中毒は、同じ意味ですか?

「どっちかなぁ~?」

こたえは、同じ意味です。細菌や化学物質、自然毒などが原因です。

質問コーナーでは、食欲不振・ノロウィルスにかかりやすい食べ物・熱湯消毒の方法・

日光消毒の効果等、たくさんの質問が出ましたよ。

終了後は、甘~いチョコレートをみんなっでいただきました。

 

 

 

この記事はいかがでしたか?(動作環境によって反映が遅れる場合があります)
  • 気に入った (0)
  • うーん (0)