平成30年度 敬老記念式典

平成30年9月16日(日)

社会福祉法人育心会の敬老記念式典が

暖炉の家にて行われました。

法人サービスをご利用する27名の受賞者の方々、

また多くのご家族様のご参加をいただきました、

恒例となったピアノ、バイオリンの美しい生演奏は

皆様を祝福する式典の幕開けに相応しいものとなりました。

その後、喜寿、傘寿、米寿、卒寿、珍寿、白寿、百寿などの

各祝い年の代表者には育心会の野原会長から記念品と花束の贈呈があり

感極まって泣いてしまう利用者様もおられました。

式典には盛岡市から藤尾善一副市長様にも足をお運びいただきまして

お祝いの言葉を頂戴したほか、

100歳を迎えられたお方に、岩手県知事と、内閣総理大臣から

お祝いの賞状と記念品がそれぞれ送られました。

受賞者代表としてお礼のご挨拶を述べるのは

軽費入居者の佐々木アキ様(88歳)です。

「ハイツに来て7年。あっという間の日々でした。こんなに心穏やかに

 過ごせるのも、会長さんをはじめ職員さまのおかげです。」

という感謝の言葉を、落ち着いた様子で、力強く述べていただきました。

盛岡市副市長を初め、ご来賓いただいた皆様。

本当にありがとうございましたご。

また、27名の受賞者の皆様、ご参加いただいたご家族様。

誠におめでとうございます。

また来年もこのよき日を皆様で迎えられますように…。

この記事はいかがでしたか?
  • 気に入った (0)
  • うーん (0)